読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIOICHO Eng.

株式会社イーウェルのエンジニアが社内エンジニア系イベント等の情報を発信するブログです。

ソースコード管理ツールについて

みなさんこんにちは!
9月に入り、少しずつ涼しくなってきたでしょうか?
今回のブログは普段健康事業の開発保守を行っている
開発第2部保守グループが担当します。

 今回はソースコード管理ツールの話をしようと思いますが、

プロジェクト開発において、成果物・・・主にソースコードやドキュメントを適切に
管理することはとても重要で、その為のツールは世の中にたくさん出回っております。
イーウェルではSubversionを使用しています。(世の中で一番有名かもしれません)

f:id:KIOICHOEng:20160831143031p:plain

Subversionの特徴としては集中型であるということで、
開発メンバーが中央にあるリポジトリに対して、修正をどんどん反映(コミット)
していき、また他のメンバーの修正分も取り込みながら開発を進めていくスタイルが
とれます。

一方、以前勤めていた会社ではGitを使用していました。

f:id:KIOICHOEng:20160831143050p:plain

Gitの特徴としては分散型であるということで、
開発メンバーは一度最新のソースコードを取得(Pull)すれば、自分の端末でどんどん
作り進めていける特徴があります。もちろん成果物の共有も行え、修正の差分を共有の
リポジトリにPushし、他のメンバーにPullしてもらうことで実現する事が出来ます。
リポジトリを共有する仕組みとしては、GitHubが有名です。
様々なオープンソースプロジェクトがここで公開されています。

私は、Subversionを使ったことが無かったので、今回勉強を兼ねて色々調べました。
(※参考書籍は後ろに記載)
以下GitとSubversionを対比して開発フローの説明をしたいと思います。

○Gitの開発の流れ
 Git-Flowと呼ばれる開発モデルがあります。
 5つのブランチがあり、それぞれ以下の役割があります。
 (Gitはすべてがブランチで表されます)
 ・masterブランチ:現在のリリースバージョンのソースコード。Releaseブランチで
  リリースされるとマージされる。
 ・releaseブランチ:developブランチからリリース前に作成され、リリースに向けた
  微調整を行う。
 ・developブランチ:開発を行う為のブランチ。機能の実装やバグフィックスなどの
  ブランチをここから作成し、作業を行う。
 ・featureブランチ:developブランチから分岐し、機能の実装を行うブランチ
 ・hotfixブランチ:developブランチから分岐し、バグフィックスを行うブランチ

開発者は以下のようにDevelopブランチからFeatureブランチを作り、修正を行います。
修正が完了したら、ブランチを共有リポジトリにPushします。
レビュアーが修正内容のレビューを行い、問題なければDevelopブランチにマージされます。

f:id:KIOICHOEng:20160831143122p:plain

Subversionの開発の流れ
 Subversionではmasterブランチの事をtrunk(トランク)と呼びます。
 開発者は以下のようにtrunkからbranchを作り、修正を行います。
 修正が完了したら、修正branchにコミットします。
 Trunkへのマージはリリース直前に問題が無いことを確認した上で行われます。

f:id:KIOICHOEng:20160831143137p:plain

以上のように開発フローは概ね同じように思います。
ただし、感覚的にはGitの方がブランチが頻繁に作られ、頻繁にマージされていくように思います。
例えば5つの機能を開発するプロジェクトがある場合、
Gitでは5つブランチが作られ、完成するごとにDevelopブランチにマージされていきます。
Subversionでは1つブランチが作られ、機能ごとに1つコミットが作成され、最後にtrunkにマージされます。

私はバージョン管理やマージが正しく行われれば、管理ツールは何でもいいと思う派ですが、皆が使いやすく、認識を合わせ易い事が重要かなと思います。
(よく修正が無くなったとか、マージに失敗したとかありますが、ツールなので、そんなものに振り回されない事が重要)
イーウェルではSubversionを使っており、皆それでコミュニケーションをとっています。
私も早く空気を吸うように自然に使える所を目指したいです。

今回参考にした書籍は「Subversion実践入門 達人プログラマに学ぶバージョン管理 第2版」オーム社です。

以上